【LINE友達限定】初心者向け特別レッスン動画プレゼント予定!

【同意しないとこうなる】LINEヤフーからのプライバシーポリシー!操作と注意点!

吉田
こんにちは!埼玉の吉田です!

ここ最近、LINEを使っていると皆さんの画面にこんな表示がでてくることはありませんか?

どうやらLINEとヤフーが統合するに当たっての同意事項が書かれているようです。

そして、これに同意をしないとLINEが使えなくなってしまうらしいんですね。

今回は、こちらの画面の内容と注意点について簡単にご説明していきます。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

時間のある方は動画で詳細をご確認ください!

チャンネル登録者22万人(2023年10月時点)

わかりやすいと評判のスマホ教室チャンネルです!

補足:最新記事を公開しました(2023/10/31)

LINEのプライバシーポリシー同意に関して、世間で大変な騒ぎになっていますが、そちらについて色々と誤解がありそうなので補足しました。

今回の記事を読んだあとにご覧になってみてください。

【LINE終了】11/1から使えなくなる人の共通点!プライバシーポリシー同意に関する誤解!

1.LINEとヤフーの統合について

さて、突如としてLINEとヤフーの統合について現れたこちらの画面。一体、どういうお知らせなのでしょうか?

LINEを開くと
突如このような表示が

今回、LINEの利用者全ての方にこのプライバシーポリシーの画面が表示されているんです。

プライバシーポリシーと言われても・・・

吉田
プライバシーポリシーとは、インターネット上で収集した個人情報をどのように扱うか、サイトの管理者が自分たちで定めた指針のことです

内容を簡単にご説明すると、今回LINEという会社とYahooという会社が合併します。

それにあたって、それぞれのサービスで記録された個人情報を双方で共有して分に使わせてもらうよということなんですね。

LINEとYahooが合併するにあたって、色々と個人情報の扱いに関して変更点があるようなんです。

詳しくは後ほどご説明しますが、これに同意しないと11月以降LINEが使えなくなってしまうということなんですね。

同意をしないと11月からLINEが使えない?

LINEとYahooが掲載しているサイトにもこのような記載があります。10月中はこの表示保留できるんですが、11月以降は順次サービスへの同意が必要となるということです。

同意いただけるまでの間はLINEアプリ、Yahooメールなどの継続利用ができなくなりますよと書いてあります。

2.消してしまった画面の再表示方法

後で確認するを押す人も多い

さて、もしかしたらこの動画をご覧の方が消してしまった画面の再表示方法の多くは、このプライバシーポリシーの統合に関して同意するのが怖くて後で確認というところを選んでいる人が多いのではないでしょうか?

すると、今現在は普段通りLINEが使えるようになったと思います。ただ、それも11月まで保留されているに過ぎません

ということで、今後もLINEを使い続けたい方は、その保留にしてしまっている画面を再度表示させる必要があります。

アカウントセンターを表示させる

では、この画面を一緒に再表示させてみましょう。

  1. LINEを開く
  2. 左下の「ホーム」を押す
  3. 右上の歯車のマークを押す
  4. 画面が切り替わったら「account center」を押す

1.ホームを押す
2.右上の歯車を押す
3.account centerを押す

プライバシーポリシー統合のご案内が表示される

すると、「プライバシーポリシーの統合のご案内」が出てきます。もしもすでに同意済みの方はもうこの画面は出てこないので、そちらはご了承ください。

この画面を指を上にスライドして、下の方を表示させると、「同意する」というボタンが緑色になります。

これを押せば同意は完了。普段通りLINEが使えるようになります。

  1. 画面を指で上にスライド
  2. 同意ボタンが緑色になる
  3. 同意ボタンを押す

操作の手順としてはこれだけで終わりです。

ただ、この記事をご覧の方の多くは一体何に同意するのかということが気になっているのではないでしょうか?

この画面内に表示されている緑色の箇所(URL)を押してください。

1.画面を下までスライド
2.同意する
※内容を確認したい場合は
URLを押す

プライバシーポリシーの詳細項目が記載

ここには新しいプライバシーポリシーの詳細の項目が書いてあるんです。

まず表示されるのが「パーソナルデータの開示について」です。

パーソナルデータ

パーソナルデータというのは自分の個人情報のことです。電話番号やメールアドレス、自分の名前など、登録されている情報のことなんですね。

このパーソナルデータを自分でどうやって確認するのか、その方法が書いてあります。

そして、そのパーソルデータというのは何に使われるのかというと、「お客様に最適化された広告を配信するために使う」ということです。

つまり、その人の個人情報を元に、その人は何が好きなのかというのを把握した上で広告を配信しますよ、ということですね。その広告の配信設定についてもLINEの設定画面から見ていくことができますので、そちらは後ほどご説明していきます。

プライバシーポリシーの詳細が見られる

ヤフーに登録している情報

他にも、このようにYahooに登録している市名、住所、メールアドレスなどの情報の閲覧方法や修正方法、削除方法についても書いてあります。このYahooに登録されている個人情報についても、広告などに利用させてもらいますよ、という風な記載があります。

ヤフーに登録した情報の修正削除方法

利用者情報の外部送信について

そして、下の方に進むと、冒頭でもご説明したような「利用者情報の外部送信先について」も記載があります。主なもので言うと、広告の配信などに使わせてもらう、ということですね。他にも、サービスの利用状況を調査分析するために使う、ということも書いてあります。

情報の外部送信先について

さらに下に進むと、その外部送信先の一覧表が出てきます。これは結構長くなるんですが、まずLINE関連の会社、それがずらっと並んでおります。

その下の方にはYahoo関連の会社、paypay関連の会社、このようにずらっと並んでいます。結構長くなりますので、これも皆さん、ご自身で確認をなさってみてください。

LINEやヤフー・ペイペイ関連の
企業へ情報提供される

LINEやヤフー・ペイペイ関連の
企業へ情報提供される

確認後、同意する

では、この詳細な項目を確認し終えた方は、納得して同意してもいいよ、ということであれば、画面を戻ってください。この「同意する」というボタンがある画面まで戻っていただいたら、「同意する」を押してください。同意するを押せば、これでひとまず操作は完了です。

これで、今後11月以降もLINEは使えるようになります。

画面を戻し、同意しても良ければ
同意するを押す
ヤフーIDと提携するかしないか選ぶ

Yahoo!JAPAN IDの連携について

その後に出てきたヤフーIDとの連携に関して、もしも連携したい場合は、黒いボタンを押して、Yahoo JAPAN の ID とパスワードを入力して先に進めてください。

ヤフーIDとの連携に興味がない場合は右上のバツボタンを押してください。

この Yahoo と LINE を連携することによっていくつかのメリットがあるようです。そのメリットというのが、

  • Yahoo が提供している Yahoo カレンダーや、LINE で友達に共有できる
  • Yahoo ショッピングで買い物をした際に PayPay で5%のポイントが付与される
  • Yahoo プレミアム会員に入会すれば LINE スタンプが使い放題になる
  • LINE アルバム機能で写真が元の画質のまま保存される

などのメリットがあるんですね。ですので、もしもこれらに魅力を感じるという方は Yahoo ID を連携してみてください。

今回特に私は連携はしなかったので、このように画面を戻っていきます。

設定完了画面

すると、LINE に登録されている個人情報、自分の名前や電話番号、メールアドレスなどが記載されています。ここに住所を設定しましょう、と書いてありますが、これは特に登録しなくても大丈夫です。もしも Yahoo ID と連携をした場合は、下の部分に Yahoo Japan に登録している情報が出てきます。これでひとまず登録は完了となります。

設定完了!

 

3.LINEのプライバシー設定について

さて、もしかしたらこの LINE のプライバシー設定についての動画をご覧の方の中には、先日のニュースが気になる方もいるのではないでしょうか?総務省から Yahoo が行政指導を受けたというニュースです。

ヤフーに対する行政指導

内容について簡単にご説明すると、Yahoo という会社がその利用者の位置情報を韓国の Naver という会社に提供していたというニュースです。

韓国NAVERへの位置情報提供

この韓国の Naver は LINE の親会社になります。つまり、LINE に位置情報の提供をしていたということですね。それに対して総務省が行政指導をしたということになります。今回の徹底したプライバシーポリシーの表示については、この時の行政指導も、もしかしたら関わっているのかもしれないですね。

NAVER=LINE

今後も LINE を使っていきたいなら、どうしてもこのプライバシーポリシーには同意しなくてはいけません。ただ、このニュースを見て位置情報の提供に不安があるなという方も多いと思います。そこで、LINE アプリでできるプライバシー設定についても次でご説明していきます。

位置情報の許可をオフにする

Android

まずは LINE に位置情報を提供しないための設定についてです。 Android の画面からご説明していきます。

  1. スマホの設定画面を開く
  2. アプリを押す(Galaxyの場合)
  3. 右上の三点マークを押す
  4. 権限マネージャーを押す

1.設定を開く
2.アプリを押す
3.右上の三点マークを押す
4.権限マネージャーを押す

もしもこの画面が見当たらないよ、という方は、左の画面に戻って、こちらの

以下は、その他のスマホでできる方法です。

  • 方法2.虫メガネマークのところを押して、「権限マネージャー」と検索
  • 方法3.アプリと通知→詳細設定→権限マネージャー
  • 方法4.セキュリティとプライバシー→プライバシー→権限マネージャー

その他のスマホでは
上記手順を試してみてください

権限マネージャーまで進めましたら、位置情報というところを押して画面を進めてください。その中で LINE を探してみてください。

  1. 位置情報を押す
  2. LINEを押す
  3. 許可しないを押す

Yahoo のアプリについても同様に不安であれば設定してください。

1.位置情報
2.LINE
3.許可しない
※不安な場合はヤフーも同手順

iPhone

では、続いては iPhone の画面です。iPhone に関しては、設定を開いたら「プライバシー」というところを押してください。

  1. 設定を開く
  2. プライバシーを押す
  3. 位置情報サービスを押す
  4. LINEを押す
  5. 許可しないを押す

1.設定を開く 2.プライバシー 3.位置情報サービス 4.LINE 5.許可しない

LINEアプリ内のプライバシー設定

その他にも少しだけ見ていただきたい設定があります。それは、LINE のアプリの中の設定画面になります。

  1. LINE を開く
  2. ホーム画面へ移動
  3. 右上の歯車のマークを押す
  4. プライバシー管理を押す

1.LINEを開く
2.ホーム
3.右上の歯車
4.プライバシー管理

位置情報提供のオフ

画面が切り替わりましたら、

  1. 情報の提供を押す
  2. 位置情報の取得を許可がオフになっているか確認する

これがオンになっている場合は、位置情報の送信がされてしまう可能性もあります。もしも不安だよ、という方は、こちらもオフにしておきましょう。

1.情報の提供
2.位置情報の取得を許可
(スイッチをオフ)

広告配信最適化のオフ

また、画面を1つ戻して、「広告の設定」というところも押して進めてみてください。

  1. プライバシー管理の画面へ戻る
  2. 広告の設定スイッチをオフにする

画面では、このスイッチがオンの状態になっています。

こちらの項目については、LINE アプリの利用者の行動履歴に基づいた広告を配信するよ、という設定になっているんですね。

ですので、自分の行動に基づいた広告、そういったものは配信しないで欲しいという場合は、これはオフにしておきましょう。

ただ、これをオフにしても広告自体は配信されてしまうので、そちらだけはご注意ください。

1.プライバシー管理へ戻る
2.広告の設定
3.スイッチをオフ

今回見直ししたい設定については以上となります。

LINE の安全設定については、以前の動画でご説明しているんですが、この動画について、画面の内容がちょっと古いものになっています。

今後、LINE の安全設定について新しい動画を撮影していきたいと思います。それまでお待ちいただけたら幸いです。

ご質問、ご指摘等ありましたらコメントの方よろしくお願いいたします。

吉田
今回の記事で少しでも皆様のお役に立てれば幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です