【LINE友達限定】初心者向け特別レッスン動画プレゼント予定!

【安全に使うために】LINE危険設定の見直しと安全設定の方法

吉田
こんにちは!埼玉スマホ教室の吉田です!

前回の動画のコメントを見ると、LINEというアプリ自体に不安を感じている人がけっこう多いんだなと感じました。

そこで、今回はLINEを安全に使うための設定を10個お話させていただきます。

今回は、LINEでやって良いこと悪いことというタイトルになりますが、人によってその判断基準は異なります。

その基準を自分で考えられるよう、前提からしっかりとお話しているので、その設定をするかしないかご自身でぜひ考えてみてください。

時間のある方は動画で詳細をご確認ください!

チャンネル登録者32万人(2024年5月時点)

わかりやすいと評判のスマホ教室チャンネルです!

1.トークのバックアップ

まず、LINEを使う上で、一番やっておいてほしいこと。それは、トーク履歴のバックアップ設定です。

バックアップって何?という方のために簡単にお話すると、

今までご友人知人とやり取りしたメッセージの履歴を何処か別の場所に保存して、紛失してしまわないようにしておく設定のことです。

例えば、スマホが壊れてしまい、LINEを最初から入れ直さなくては行けないとき、この設定がしてあれば、過去のメッセージを全て取り戻すことができます。

この設定をしているとしていないでは安心感が違うと思いますので、ぜひ設定しておきましょう。

やりかたは以下の通りになります。

手順解説

  • ホーム画面の歯車(設定)を押す。

歯車をタップ

  • トークのバックアップ.復元をタップ

バックアップ・復元をタップ

  • 今すぐバックアップをタップ(定期的な自動保存も選べます)

今すぐバックアップをタップ
(定期的な自動保存も可能)

2.友だち自動追加のオンオフ

さて、続いては友達の自動追加のオンオフについてです。

これは、人によってはやっておいたほうが良くて、人によってはやらない方がいい設定になります。

ちなみに、私はこの設定はオフにしています。

まず、その画面まで進みます。

手順解説

  • 歯車(設定)をタップして、友達をタップ

    設定、友達の順にタップ

  • 友達自動追加の画面を表示させる

    友達自動追加画面

これ、どういう設定なのかというと、簡単にお伝えすると、スマホの連絡先に登録してある人が勝手にLINEの友達にも追加されてしまう、という設定なんです。

  • 上の設定は、自分の電話帳に入っている友達が追加されてしまう設定。

電話帳に登録している人を自動で追加

  • 下の設定は、相手の電話帳に自分の連絡先が入っているとき、相手のLINE友達に追加されてしまう設定です。

連絡先を相手が持っていたら勝手に追加されてしまう

これ、設定しておけば、わざわざLINEの友達交換をする手間が省けるので便利なのですが、私は仕事関係の相手も電話帳に登録しているため、何かと不都合が多いです。

そのような方は、こちらはオフにしておきましょう。

逆に、便利だなと感じる方はオンにしておいてもいいでしょう。

3.プッシュ通知のメッセージ内容を非表示にする

続いてはプッシュ通知のメッセージ内容の非表示設定についお手です。

LINEからの通知がくるとき、皆さんの画面はこのようになりませんか?

プッシュ通知でメッセージの内容が表示される

例えば、ちょうど家族と一緒にスマホの動画を見ていたとして、恋人からのメッセージが届いてしまった、なんてことがあると気まずいですよね。

それが嫌だなと感じる方は、一緒に設定を見直していきましょう。

手順解説

  • 歯車(設定)をタップして設定画面を表示して、通知をタップ

設定、通知の順にタップ

  • 通知画面を表示して、メッセージ内容を表示をタップしてOFF(グレーの色)にする。

    メッセージ内容を表示をオフ

これでプッシュ通知のメッセージ内容が非表示になります。

4.連動アプリの確認

続いては、連動アプリの確認です。

これは、皆さんに1度は確認しておいていただきたい項目になります。

まずは、その画面にご案内します。

連動アプリ確認画面の表示方法

  • 歯車(設定)をタップしてアカウントをタップ

設定、アカウントの順にタップ

  • 連動アプリをタップ
  • 連動アプリを表示

連動アプリをタップして連動しているアプリを表示

さて、この画面内には、LINEと連携しているアプリが表示されているんです。

たとえば、こちらのLINEポコポコなんかは、LINEの情報を使ってログインをするゲームアプリになります。
これは、特に問題を起こすアプリではないので大丈夫なのですが、中には不審なアプリが紛れ込んでいるかもしれません。

自分が気づかないうちにLINEとの連携を許可している機能が中に潜んでいると、プロフィール情報が不当に読み取られてしまうリスクがあります。

ここは、定期的に確認し、自分のしらないアプリがないかは常にチェックするようにしてください。

連動アプリの解除の方法

今回はLINEポコポコで試してみます。

  • LINEポコポコをタップ
  • 連動を解除をタップ

LINEポコポコ、連動を解除の順にタップ

  • 確認をタップ

確認をタップで連動を解除

これで対象のアプリの連携を解除できます。

ただし、ゲームアプリの連携を解除してしまうと、解除している間はそのアプリが使えなくなってしまうので注意してください。

連動解除中はアプリを使えない

5.パソコンからのログイン許可と乗っ取り防止

続いては、パソコンからのログイン許可についてです。

皆さんは、パソコンやiPadでもLINEを利用できることはご存知でしょうか。

パソコンiPadでもLINEが使える

今から説明するログイン許可という項目がオンになっているとそのような使い方ができるんです。ただ、その設定がオンになっていることで、赤の他人がパソコンからログインしてしまうなんていうリスクもあるんです。

ログイン許可をオンにしておくと
不正ログインの可能性も

もしも、パソコンでLINEを使っていないよという方は、オフにしておきましょう。

パソコンからのログイン設定

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシーの順にタップ

  • ログイン許可をOFF(グレーの色)にする。

ログイン許可をオフ

  • パソコンでLINEを使っているからオフにしたくない場合は2要素認証を設定しておく

ログイン許可をオフにしたくない場合は二要素認証を設定しましょう

これをオンにしておくことで、パソコンからのログイン時、ご自身のラインアプリに数字が表示されます。

ログイン時に認証番号を要求されるので安全性が高まる

その数字を入力しないとパソコンでLINEを使えなくなるので、安全性は高まります。

ただ、毎回それをやらなくてはいけないので、不便にはなってしまいますね。
これも、安全性の為必要だと感じる方はオンにしておくようにしましょう。

6.友達関連のプライバシー設定

LINEにはあらゆる友達追加機能が備わっています。

様々な友達追加機能がある

こちらのオン・オフ人によっては、やっておいた方がいい設定もあるので一つずつ説明していきます。

IDでの友だち追加

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • 「IDによる友達追加を許可」のオン・オフ

IDによる友達追加のオンオフが選べる

QRコードのシェア

シェアをするとリレー形式で回ってしまうと自分のLINEが誰にでも登録出来てしまう(出回ってしまう可能性がある)

QRコードは他人にも送れる

吉田がBさんにシェア→Bさんが吉田のQRコードをAさんにシェア

知らない間に出回ってしまう可能性も

このような事を防ぐためにQRコードの更新をしましょう。

QRコードの更新

  • +マークをタップ
  • QRコードをタップ

    +マーク、QRコードの順にタップ

 

  • マイQRコードをタップ
  • QRコード更新をタップ(名刺などに載せているQRコード無効になるので注意)

マイQRコード、更新の順にタップ

友だち以外のメッセージの受信

1度も友達交換していないはずなのに、見知らぬ相手からメッセージが届くこともあります。
全く知らない相手からメッセージが届くのが嫌な方は受信を拒否することもできます。

手順はこちらになります。

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • メッセージ受信拒否をオン(緑)にする
    (これで友達以外からはメッセージが来なくなります。)

メッセージ受信拒否のオンオフ

“注意事項”
受信を拒否にしてしまうと連絡交換の際に相手が先に友達追加をしてしまうとメッセージが受信されませんので注意してください。

受信を拒否にすると不都合なことも

7.アプリの情報アクセス

続いては、アプリの情報アクセスのオンオフについてです。

例えばゲームアプリなどでこの設定を許可している人が多いかもしれません。

ゲームのランキングに友達の名前やアイコンが表示されるなどの機能です。

これも人によってオンにするかオフにするかは分かれるところかもしれません。

どういうことかといいますと、

例えば、ゲーム側から LINEにアクセスすることで、名前などの情報を取得しているんです。
これを拒否することで、ゲームアプリに LINE の情報が表示されなくなります。
ゲームアプリにLINEの絵柄が表示されてしまって困っているという人には良いかもしれません。

アプリからの情報アクセスオン・オフの手順

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • アプリからの情報アクセスをタップ
  • 拒否をタップ

アプリからの情報アクセス、拒否の順にタップ

ただし、LINE のツムツムやポコポコなどのアプリは、LINE が提供しているものなので、こちらの設定は対象外です。これをオフにしたとしても、ツムツムなどのゲームには、しっかりとLINE名が表示されます。

ツムツムなどのアプリについては、4つ目でご説明したアプリ連動の設定によって解除する事もできますが、それをしてしまうと、ゲームができなくなるのでご注意ください。

8.情報提供の許可

続いては情報提供の許可についてです。

これは、LINEに自分の利用情報を提供するかしないかを選べる設定項目になります。
色々な項目がありますので、一つ一つ見ていきましょう。

まず見ていきたいのがコミュニケーション関連情報という箇所です。
こちら、LINE で誰かとやりとりしたメッセージの情報をLINE側に送信して、どうぞサービスの改善に役立ててくださいね、という設定になります。

ただ、この動画をご覧の方の多くは、きっとこの設定は気持ち悪いなと感じるかと思います。
気になる方は、オフにしておきましょう。

情報提供オフの手順

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • 情報の提供をタップ
  • コミュニケーション関連情報オフ(グレー)

情報の提供をタップ、コミュニケーション関連情報をオフ

つづいて、位置情報の取得について。
これはLINE側に位置情報を提供する設定です。オフにしても問題ないので、オフにしておきましょう。

位置情報の取得を許可をオフ

さらに下にあるLINEビーコン。
お店にもよるんですが、LINEビーコンという機械が設置しているお店があるんです。
そのLINEビーコンに近づくと、そのお店からLINE利用者向けににクーポンやセール情報が配信されるという仕組みがあります。

LINE Beaconをオフ

ただ、自分が今いる場所に近いお店から送られてくるということは、自分がいる位置情報がLINE側にわかってしまうということでもあります。
これも嫌だという方はオフにしておきましょう。

  • 情報の削除をタップ
  • 「位置情報」削除をタップ

情報の削除、位置情報削除の順にタップ

9.広告の設定

さて、次は広告の設定についてです。

LINEを使っていると、トーク一覧画面の上の部分に広告が表示されますよね。ほかにもホームの部分にも表示されています。

この広告というのは、LINEを使っている人の興味に基づいておすすめの広告が表示されているんです。

その人の興味に基づいた広告が表示される

インターネットの広告は基本的にはこのように、利用者の趣味趣向に合わせた最適な広告を配信する、という仕組みで成り立っています。

この広告、自分が欲しかったものが見つかってすごく助かることもあるかと思います。しかし、なかには自分の行動が筒抜けになってしまっていて気持ち悪いなということもあるかと思います。

そういった方はこちらオフにしておきましょう。
ただし、LINEからくる広告を完全にオフにする設定ではないのでそちらだけはご了承ください。

広告設定の手順

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • 広告の設定をタップ
  • 「ウェブ行動履歴・LINE内部識別子」をオフ(グレー)

広告の設定タップ後ウェブ行動履歴、LINE内部識別子をオフ

10.文字認識用写真のデータ提供

10個目が文字認識用写真のデータ提供についてです。

LINEには写真の文字認識機能というのが用意されています。

このように写真を読み取って、その写真内の文字を認識してくれる機能です。

写真の文字認識機能がある

その機能を使ったとき、この項目がオンになっている場合、その画像内のデータを人工知能の学習に使いますよということになっているんです。

プライバシーに配慮しているということらしいですが、これもよくわからない項目ではあるので、オフに設定しておいても問題ありません。

文字認識用写真の提供オフの設定手順

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • 「文字認識用の写真の提供許可」をタップ
  • 許可しないをタップ

文字認識用の写真の提供を許可、許可しないの順にタップ

また、人工知能の学習利用の対象となる写真については、このようなiのマークが表示されるそうです。

人工知能の学習利用の対象となる写真にはiが表氏される

iをタップするとその写真ごとに同意の可否を決められるので、覚えておきましょう。

iをタップしてオンオフ

補足.パスコードロック

さて、今までは主に、LINEの安全設定の中でも外部からのアクセスに対するプライバシー設定についてご説明しました。

最後は、補足として、物理的にLINEを覗き見られることを防ぐ設定についてです。

スマホを家族に一時的に渡す場面で、LINEの中身だけは見られたくないよ、という場合もあるかと思います。

そんなときには、LINEアプリ自体にパスコードで鍵をかけることができるんです。

パスコードロック設定

  • 歯車(設定)をタップ
  • プライバシー管理をタップ

設定、プライバシー管理の順にタップ

  • 「パスコードロック」をタップ

パスコードロックをタップ

  • 設定したいパスコードを入力
  • 設定したパスコードを再入力

パスコードを入力

【注意】このパスコードを忘れるとLINEアプリを削除しなくてはいけません。
バックアップされていないトーク履歴はそれと同時に消えてしまうので、ご注意ください。

これでLINEの安全設定のご説明は以上になります。

ご質問、ご指摘等ありましたらコメントの方よろしくお願いいたします。

吉田
今回の記事で少しでも皆様のお役に立てれば幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です